読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

清(saya)の吟た音♪

吟詠家 清(saya)の『今ここ🎵』ハッピーミュージックライフ

ええねん♪

いつも

ありがとうございます

清(saya)(*^ー^)ノ♪です。

 

 

 ええねん ウルフルズ

 

何も言わんでも ええねん

何もせんでも ええねん

笑い飛ばせば ええねん

好きにするのが ええねん

感じるだけで ええねん

気持ちよければ ええねん

それでええねん それでええねん

 

後悔しても ええねん

また始めたら ええねん

失敗しても ええねん

もう一回やったら ええねん

前を向いたら ええねん

胸をはったら ええねん

それでええねん それでええねん”

 

<中略>

 

いやぁ、この詩イイ

やっぱ好きだ

ここ最近

くるくる回るこの歌

やっぱ・・・イイ

 

なんてことない

そんな

当たり前のことばかり歌っているのに

妙に

刺さる

 

人間だなぁ・・・

 

感じる事

体験する事

生きる事

 

人間

 

 Don't  think・・・feel!!(┌´゚ω゚)┌ アチョー

 

な感じがとってもイイ感じ

 


f:id:saya38sigin:20170307151636j:image

 

 

つっぱって突っぱしる

転んで転げまわる

時々ドキドキする

そんな自分が好きなら ええねん

そんな日々が好きなら ええねん

 

情けなくても ええねん

叫んでみれば ええねん

にがい涙も ええねん

ポロリこぼれて ええねん

ちょっと休めば ええねん

フッと笑えば ええねん

それでええねん それでええねん

 

何もなくても ええねん

信じていれば ええねん

意味がなくても ええねん

何かを感じていれば ええねん

他に何もいらんねん

他に何もいらんねん

それでええねん

それだけで

ええねん

 

 ええねん ウルフルズ

 ※歌詞は中略です。全文記載ではありません。。。

 

 

この ええねん って字面

なんか 好き

それに ええねん って響き

なんか 好き

 

総じて

この歌

好き

 

 


ウルフルズ - ええねん

 

 

ではでは、まったね~

清(saya)(*^ー^)ノ♪

 

 

◎吟◎折楊柳

いつも

ありがとうございます

清(saya)(*^ー^)ノ♪です

 

 いやぁ

春が近づいて参りましたよ

うん

だんだん暖かくなって参りましたよ✿✿

 

わくわく・どきどき

新たなスタート

 

の前に・・・

 

旅立ち・別れの季節でもあります。

 

 

『折楊柳』

 


f:id:saya38sigin:20161126135339j:image

 

緑烟糸    柳の細い枝に芽が萌え出て、夕方のもやのようにボーッと煙のごとく見える状態。

慇懃     ねんごろ。ていねいに。

 

 

一行目

『水辺の 楊柳 緑烟の 糸』

ここは、例のごとく風景画を描いて下さいませね(*´﹀`*)イメージ・・イメージ・・

水辺にね

柳の木

 

柳の木って最近あまり見なくなりましたよね?

昔、ちっこかった遥か昔・・・結構町にあったんです。

ゆ~らゆ~ら、風に揺られてたんですが、

最近見かけません。

去年かな、京都に行ったとき

道に柳の木があるのを見て

ぅわっ!!って言っちゃったε(*´・∀・)з

なんか、懐かしくって柳に感動するっていうね・・・。

 
f:id:saya38sigin:20170307134916j:image

 

えっと・・・

そう

一行目はね、それぞれにね

『水辺の 楊柳 緑烟の 糸』

 

風景を描いてみてちょ

 

水辺の 水の色はどんないろですか?

柳のシルエットはどんな感じ?

芽吹いた緑は、どんな緑ですか?

そのまた全体の景色は???

 

ね(^_-)-☆

 

そうイメージしていくと、自ずと声の出し方表現なども

出来てくると思います(。・ω・。)ノぁぃ

 

その出てきたイメージに逆らわないように吟って行きましょね

 

二行目

『馬を立て』お馬さんを止めるんですが、きっと優しく止めてる

猛スピードでダッシュしてるって~事は無いでしょうから

ぱっかぱっか歩いていたのを、止める

だから

優しくてイイんじゃないでしょかね。

ってことは

唸るのは(ヾノ・∀・`)ないない。

 

『君を 煩わして』ココはね・・・「わずらわして」これね。

字数が多くて、言いにくい。

吟の流れとか音程とかに気を取られ過ぎると

何言ってるかわかんなくなっちゃう。

言いにくいけど、ハッキリ発音しましょ

字数多いから

アクセントつける

一語の中に『間』を入れて、ダラダラしてしまうのを避けよう

『間』と言っても、ブレスする程『間』をあけたり

聞いてる人が「ん?」ってなる程空けちゃや~よ(σ´∀`)σ!!

 

ちょっと説明が難しいんですが

アクセント

強弱

を程よくミックスさせて、うま~くやってみて下され。

 

『一枝を 折る』ここは・・・「いっしを」ここの小っちゃい「つ」

ここをね、油断しないでねん。

油断すると「いしを」って聞こえちゃうからねん。

 

イメージも大事だし

今みたいな、言葉の発音・アクセント・間・強弱も大事

急に全部いっぺんにやろうとすると

当然、こんがらがっちゃって

余計訳わからんように、なってしまったりするので

少しずつね、少しずつ(o・ω・))-ω-))うん

 

とは言ったものの・・・まだある+(┳∀┳)ニヤリ…

 

『一枝を 折る』一枝を折ってもらう。

そして

「この一枝と柳の木との別れ」という意味合いが隠れておりまする。

んでもって

「人の別れ」と「柳の別れ」とをかけているんですねぇ。

 

 っとまぁ、たくさん言いましたが

参考にしてみてちょ

 

んでもって

三行目に突入して行くんですが

二行目と三行目の『間』でございますけども

二行目の最後に「折る」つまり「別れ」の意味がありましたね。

ですから

その「別れ」における感情・イメージ・体の振動などを

この『間』に乗せて下さい

 

うぅ~~~っ、書き表すのむ・ず・いーーー!!

 

ん~と、とにかくやってみてちょ

え~と、ここの『間』をとにかくブレスの時間としてスルーするのと

イメージもって、エネルギー乗せてくのでは

ぜっっったい違ってきますからm9っ`・ω・´)シャキーン

やってみてちょ

 

はい

三行目『唯 春風の』春の風なのでね、暖かい柔らかい風吹かせてきましょ(´ω`♪)

なので

少々優しく・柔らかく・暖かくね。ふわ~っと参りましょうね

 

『最も 相惜しむ 有って』惜しむんですね。

別れを惜しむ。

けれども

優しい風を先ほど吹かせましたんで、やっぱりその雰囲気もって行きましょ。

行かないでーーーっ!!

みたいな感じじゃ~ないってこと(o・ω・))-ω-))うん

 

三行目の転句はね聞かせどころなんで

気張りたくなっちゃうんだけども

だけど

早春の柔らかい空気感を、体現・表現していきましょ

 

四行目『慇懃』ねんごろ。ていねいに。って事なのでそのままっすね。

低音ですが、柔らかく・優しく・ていねいに出していきます。

 

身体を振動させるとより響きますよ\_(・ω・`)ココ重要

 ん~とね、身体をねスピーカー📢にするイメージね。

 

身体に不要な力が入っていると、振動しないし

そこを感じられません\_(・ω・`)ココ重要

 

ね(^_-)-☆

 

 んでやっとこ最後っすね。

『更に 手中に 向かって 吹く』

はい、やりがち・ありがちパターンは・・・

最後に向かって、どんどんガンガンクレッシェンドしてく~

とか

手中にをやたら重く溜めてからの~、向かってをやたら声張って

強く強く吟う~

とかね?

 

やっちゃってませんか??

これはね(ヾノ・∀・) イヤイヤ-ナイナイ-!

 

確かに最後なんで、やりたくなっちゃう気持ちもわかります。

吟全体のメリハリを!!

とか思っちゃう気持ちも分かるんです

 

 

ここはね

一つ

どうでしょう・・・。

 

想像してみましょ(*´﹀`*)イメージ・・イメージ・・

 

まず、一行目に描いた風景画を思い出して下さいね。

終始早春の柔らか、あったかムードですよね

出てきたイメージに逆らわないように

でしたよね??

 

ガンガンいったり・必要以上に気張ったり・唸ったり等々・・・

 

それをしなくても、メリハリは付きます。

きちっとイメージしていけば

大丈夫(*・∀・*)V

 

是非、お試しあれ~

 

そうそう

身体の振動を感じることも、お忘れなく~

自分の声を、自分の身体で感じる

まずこれが、大切。

そんでもって

醍醐味でもありますからねん🎵

 

感じる

 

です(*´・ω・`)b

 

お時間あったら、こちらもご参考にどうぞ!!

 

saya38sigin.hatenablog.jp

 

 

saya38sigin.hatenablog.jp

 

以上、解説員は清(saya)でした~

 

では、まったね~(*^ー^)ノ♪

 

 

 

王子の名言<完結編>

いつも

ありがとうございます

清(saya)(*^ー^)ノ♪です。

 

今日は前回のつづき

王子の名言 完結編です。

 

前回の記事読んでない方は、よろしければこちら

 

saya38sigin.hatenablog.jp

 

さ~て、いってみよ~(*・∀・)ノシ

 

前回、受験生も色々ってお話しました。

 

推薦入試をする子

一般受験をする子

スポーツや将来やりたいことで勝負を挑む子

 

ってな具合。

 

だから

状況も色々ってこと。

 

一喜一憂しながら

日々を過ごしてる

ある日のこと

 

王子が帰宅して色々話すわけです。

こんな事・あんな事あってさ~って。

ほうほう・・・。と聞いておりました。

 

王子「いや、分かるよ?大変だってのはさ。

そりゃ、勉強ばっかしてたらイライラするし、分かる・・・。」

 

さや「ん?うん、まぁそうね・・・。大変ですよね。たしかに」

 

王子「うん・・・。でもね・・・。」

さや「はい・・・?」

 

王子勉強だけが、受験勉強だと思うなよ!!

さや「うぇっ・・Σ(`・Д・ノ)ノ!!ぎょっ!」急な大声にビックリ。。。

 

王子だから机に向かって勉強するだけが、受験勉強だと思うなよ

さや「えっ・・・?あはははっ(爆)∵ゞ(≧ε≦o)ぶ! あはははっ(爆)」

 

王子「俺らだって必死こいてやってんだって。

なんなら、お前らよりもずっと前からやってる。

昨日今日机に向かったヤツが偉そうに言うな!!

さや「あはははっ(爆)」

 

さやは、あまりの王子の勢いと名言

もう、笑いが止まりません∵ゞ(≧ε≦o)ぶ!

 

王子「料理が好きなやつは料理・美容師になりたいやつ・

スポーツやってるやつはそれぞれのスポーツ。

ただフォーカスしてるとこが違うだけじゃん!!

それがたまたまお前らは勉強だったってだけでさ。

勉強してりゃ、偉いのかって!!

勉強したいからっつ~か、必要だからしてんじゃないのかって!!

そうじゃないなら、お前らはホントは何がしたいんだよ!!

 

さや「あはははっ(爆)まぁまぁ、落ち着きなさいよ∵ゞ(≧ε≦o)ぶ!

その子達だって本気で言ってる訳じゃないんだろうしさ。

色々状況もあるだろうからさ、ね?あはははっ・・・あ~、ウケる∵ゞ(≧ε≦o)ぶ!」

 

ってね(^_-)-☆

 

しばらくさやの笑いと王子の愚痴は止まりませんでしたが

思わぬ『名言』にほんとびっくらしましたォオ~!!(゚Д゚ノ)ノ

 

では参ります。

 

本日の王子の名言

 

勉強だけが、受験勉強だと思うなよ!!

Repeat after me・・・なんつって~(´・∀・`)

んでもって

『お前らはホントは何がしたいんだよ!!

ここも大事なとこですよね(´・∀・`)

 

 

ホント面白いヤツです。

あまりにド直球に投げるもんだから、まぁ笑えちゃいますが

王子の言うとおりですよね。

 

人にはそれぞれ、タイミングもありますし

やりたい事も違うし

やりたい事は同じでも、道筋は違ったりする。

価値観も考え方も色々だしね。

それでいいんです(。•̀ᴗ-)و

 

そんなチグハグとも思える、お子たち

無謀とも思える超難関校に挑戦し、見事突破!!

それを聞いて「やった~~!!って泣きそうなほど喜んだり

検討虚しく、敗れてしまった・・・。

それを聞いて「大丈夫か?」って声かけたら

その子が号泣しちゃって・・・俺も泣きそうになっちゃったよ。

 

なんだかんだ

みんながみんなを気にかけてて

みんながみんなを思いやってる



f:id:saya38sigin:20170303145248j:image

 

なかなか・・・優しい良い子たちなんです。

自分たちで距離感測りながら

つかず離れずって感じに、適当に関係性を保ってる。

 

色々あったけども

なかなかやねぇ(・∀・)イイネ!!って見ておりました。

 

先生には評判悪い学年らしいのですが

(これについては、言いたいことがお山もりo(`ω´*)o でも今日はやめとく。)

 

 

 卒業まであと、十数日。

 

分岐点に着くまでの、カウントダウン。

 

たくさん笑えるといいね☆*.・(*ゝ∀・*)ノ

 

そして

それを支えるママたち

受験はゴールじゃありません。

まだまだ道の途中もいいところ。

この先、なんとでもなります!!

 

ね(^_-)-☆

 

お子たちに

地球に産まれてよかった~( ̄0 ̄)/

って思ってもらうためにもさ

応援団として

あと、少し・・・頑張りましょうねん

 

そんでもって

お子たちよ、大志を抱け(^^)/\(^^)

 

 

ありがとうございました。

清(saya)(*^ー^)ノ♪