読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

清(saya)の吟た音♪

吟詠家 清(saya)の『今ここ🎵』ハッピーミュージックライフ

◎吟◎常盤子を抱くの図に題す

saya エネルギー 伝統芸能 健康 想像力 歴史 漢詩 発声 詩吟

いつもありがとうございます

清(saya(*^ー^)ノ♪です

 

今日の朝・・・揺れましたね・・・。

結構長い揺れだったように感じました。

皆さまの地域はいかがでしたでしょうか??

大きな被害など出ておりませんよう願います。

 

 

 

 

『常盤子を抱くの図に題す』

 


f:id:saya38sigin:20161111200435j:image

 

常盤   九条院の雑仕女であったが、源義朝の妄となり三児(今若・乙若・牛若)を生んだ。

笠檐   編み笠のひさし。

若為情  どんな気持ちであったか。

他年   後年。

鉄拐峰  兵庫県六甲山に属する峰。ひよどり越はこの峰にある。

 

 

常盤御前が雪中苦難のさまを描いた、九条派の女流画家 田氏の女玉葆の図に題したものです。

 

源義経の母、常盤御前。絶世の美女と謳われた女性です。

 

絶世の美女・・・どんな感じだったのでしょう?

 

女性という事もあり、はっきりと書き記されているものがあまり残っておらず、どれも伝説の域を出ないそう・・・。

 

 さぁて、参りましょう~

 

一行目

 一行目は風景描写という感じでしょうかね

大切なのは・・・そう

 

イメージ(´ー`).。*・゚゚

 

うぅ~、寒っ‼

 

ね(^_-)

 

とっても厳しい寒さ。痛さを感じるくらいですねぇ~

 

ここでやりがちな事

『風 袂を 捲く』ぜ たもとを ま

太字にした所を、おもっきし力んじゃう(;>_<;)

 

力んじゃうとね、重くなっちゃうんですよ。発せられる言葉・声が重くなっちゃう。

重くなると『風』これがいまいち想像出来ないんですよね。

確かに強風だと思います。でも、重さは・・・いかがでしょう??

 

力むのではなく、勢いが欲しいなと思ったりね・・・しますけども。

これは、なかなかむずむず難しいっすね~σ( ̄∇ ̄;)

 

二行目

『呱呱 乳を もとむるは』ここも勿論

 

イメージ(´ー`).。*・゚゚

 

乳飲み子がお腹を空かせて泣いとります。

なんとかしてあげたくなりますね。でも、出来ない。

『若為の 情ぞ』

ここでお解りですね。

あくまでも、第三者の目線です。

なんとかしてやりたいけど、出来ない母親自身ではなく

それはどんな気持ちだったのだろう。

どんなにか辛かったことだろう。

と想像する、第三者なんです。

 

そうすると、乗せる感情も変わりますよね?

 

ややこしいですが、結構ポイントφ(-ω-。`)

 

一行目・二行目ともに、共通するのは『痛さ・痛み』

ではないかなと思います。

 

容赦なく吹きつける雪

袂を巻き上げるほどの強風

空腹で泣き叫ぶ乳飲み子(牛若後の源義経

三児を連れて難を逃れる常盤御前の姿

 

いかがでしょうか?

それをどう表現するかは

あなた次第(σ≧▽≦)σ

 

三行目

『他年』この一語に関しては、淡々といきたいと思います。

段落が変わりましたよ。

数年後・・・。小説や、ドラマでもありますね。

その感じです。

『ん』なんですよね

やはり注意です『ん』力まない・唸らない。

前回同様『ん』をどこに抜くかを考えて下さいませよ

プラス場面替りなので、少しカラッと感が欲しいざます(^0_0^)

 

『鉄拐峰頭の嶮』ここはこの峰を

イメージ(´ー`).。*・゚゚

です。それしかありません。

 もちろん、リアル鉄拐峰頭の嶮をイメージして頂いてもかまいません。

リアルでなくても、浮かんだ風景でもオッケーっす(*^^)v

 

さぁさ、ラスト四行目

『三軍を 叱咤するは』ここは低音部分です。

しかもラストに向かう助走アーンド踏切部分。

と来れば・・・ここ重要( ´∀`)σ❗❗

内容は主に説明書きといった感じになりますから、感情如何は問いません。

ではではどうしましょかσ(´・ε・`*)

 

まず大軍勢をイメージしましょか

イメージ(´ー`).。*・゚゚

 

どれぐらいの軍勢でしょか?

間近かで見てる感じ?それとも、高台から見下ろしてる感じ??

ね(^_-)-☆

どんな感じなのか

イメージ(´ー`).。*・゚゚

 

そ・し・て

響きこれッスねρ( ^o^)b_♪♪

 

腹式呼吸練習しましたか?

下半身どっしりですよ。

下っ腹にグッ!っと力を入れて~、体全体で声を響かせて参りましょう🎵

 

ここで身体全体を使って低音響かせられたら、もらった!って感じッス(  ̄▽ ̄)ニヤッ

 

そしてラストに向かってクレッシェンドで行きますよ~

 

『是れ 此の 声』はい、ラスト!!

ここは義経が大軍を指揮し、叱咤号令している声

そのものを表現致しましょう🎵

義経の声はもちろん聞いた事ないので、イメージ(´ー`).。*・゚゚ですが。

まさに今自分が、大軍を指揮するかのようにいっちゃいましょう♀_(`O`)♪

 

でも、ただただ大声張り上げていたらダメダメね(ヾノ・∀・`)

 

遠くまで響き渡らせないと🎵🎵🎵

芯の通った声じゃないとダメですよね?

グラグラしたりしてたら、頼りない。

 ね(^_-)-☆

 

ここもしっかり下半身どっしり( ̄^ ̄)

下っ腹にグッっと力を入れて~

遠くまで~

どーーーんっ⊂(・∀・⊂*)

 

この詩は、とある歴史の一場面を詩っておりまする。

なのでイメージが大事

でもでも、イメージはいつも大事

この場合は、絵巻を見るようにイメージするのがポイント

一場面、一場面をぶつ切りでイメージするのではなく

するすると動いていくように、頭の中のイメージを動かしてお話を

見るように吟うってのが、ポイント(*・・)σ

 

『絵巻』これが一番しっくりくるような気がします。

 

さぁ~、どんな絵巻に仕上がりましたか??

 

皆さんの描く『絵巻』いつか見てみたいなぁ・・・と本気で思う今日この頃・・・。

 

白黒なのか、色鮮やかなものなのか・・・

 

見てみたい・・・( ☆∀☆)

 

今日はこの辺で。。。

ありがとうございました

清(saya)(*^ー^)ノ♪