読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

清(saya)の吟た音♪

吟詠家 清(saya)の『今ここ🎵』ハッピーミュージックライフ

ある日の吟た音ばなし

吟た音ごと saya エネルギー 波動 占い

いつもありがとうございます🎵

清(saya)(*^ー^)ノです

 

この前、ちょっと前…

知人に紹介されて占い師なる方にお会いしました。

まぁ、好奇心ってやつですね。

 

占『どうも、はじめまして。』

清『はじめまして、宜しくお願いします』

 

場所は貸し会議室の様な感じ。

ガチャっと開けまして、中に…Σ(-∀-;)

清の心の声『うわっま、まずこの部屋を浄化するなりなんなりして下さい(/ー ̄;)

 

この時点で、清(saya)は軽くパニックです(・∀・)v

 

こうして、良く分からない時間が始まります。

 
f:id:saya38sigin:20161122170324j:image

 

占『ちょっとスピリチュアルなお話も出来ればと思ってますので、宜しくお願いします』

 

清『……えっ⁉あっ、はい…(空気の悪さに集中出来ない。)』

占『えっと、手出して下さい。』

清『……はい?(聞いてなかった)』

占『手(^^)手出して下さい。』

清『(その笑顔…なに…)』手を出す

占『掌じゃなくて裏っかわね。えーっと、あっ、普通ですね(^^)』

清『(だから、なにその笑顔…)は?』

占『霊感は無いね(^^)僕の見て。ほら、短いでしょ?』

清『そう…?かな…?ま、まぁ、そう…言われれば…短め?』

占『ね?後ね、親指の第一関節』

清『(ま…まさか、仏の目…とか言わな…)』

占『仏の目(^^)ね?僕の見て、ね?あるでしょ?後ね、掌の』

清『(いやいや…まさか、神秘十字線とか)』

占『ね?ばってんあるでしょ?これね、神秘十字線って言うんですよ( ̄^ ̄) ドヤっ』

清『(………い、いや…知ってるし、私…じゃなくて…結構なレベルで知ってる人居るし…何なん?あんた…?)』

 

っとまぁ、のっけからこんな感じ(^o^;)

 

部屋の空気の悪さにまずひいて…彼のスピリチュアルな話の内容にひく…。

私のシャッターはどんどん閉まって行きます。と言うか、壁をどんどん厚くしてくよね…。

 

占『だから僕ね、霊感があるんですよ(^^)』

清『(……だから?)』

占『僕ね、オーラが見えるんです。オーラもね、霊感で見るんですよ(^^)』

清『(……は?)』

占『霊感のない普通の人には見えないけど、僕みたいな特別な人間には見えるんです(^^)』

清『(は?なんやねん、コイツ‼さっきから、くだらん話を長々と…‼霊感あるから特別⁉ない人を普通の人…無いわ~‼そういうの、嫌だわ~‼)』

 

ドン引きの私を気にも止めず、ヤツは(あっ、失礼しました)

彼はノリノリ🎵

ノリノリで、ごくごく当たり前の話をドヤって話続けます。

愛想笑いし過ぎて、顔つりそうなんすけど

(  ̄▽ ̄)

 

 占『それじゃ、オーラ見ますね』

清『えっ…(イヤだなぁ…)』

暫し沈黙…………

占『えっと…』

清『(ん?さては、見えとらんな( →_→)』

占『あっ…あの~、な…何色だと思います?ご自分では?』

清『(はは~ん(  ̄▽ ̄)上手いね~、そうやるのね(  ̄▽ ̄))  紫…かな(分からないけど~(笑))』

占『あっ…そうそう(^^)紫…紫です。』

清『へぇ~(  ̄▽ ̄)そうなんですねぇ(  ̄▽ ̄)

 

紫のオーラについて話始めたんですが、とてもじゃないけどホントに紫のオーラの人が聞いたら怒るやろなぁ…ってな話!Σ( ̄□ ̄;)

まぁ、ダメ出ししてくる訳ですわ。

あたしゃ、紫かど~か知らんけど。

 

でもね、悪口?ん~?良くない言葉って聞いてるだけで気分悪いし、目が回る。

 

そんでね

 

占『じゃ、じゃあ次色々と見ていきますね』

清『(  ̄▽ ̄)(どうやって見るのかしら?何を見るのかしら?あはははっ(笑)絶対見せな~い(* ̄∇ ̄)ノ何も読ませな~い(* ̄∇ ̄)ノ)』

 

違う楽しみ方をする事にしました(笑)

出来るか分かんないけど、こんな人に自分の何かを読まれるなんてゴメンです

さぁ~、自分を光のカプセルの中に入れて

そして~、今から私は無色透明

ア~ンド

 

よしっ、来い

 

またまた暫しの沈黙…………

 

占『あっの…な…何も…見えないっすね…えっと……(汗)』

清『v( ̄Д ̄)v(んふっやった勝った)あぁ、なるほど(笑)そうなんですねぇ(笑)』

 

とまぁ、私の『』作戦が効いたのか、はたまた彼のナンチャラ能力が無かったのか…は、分かりませんが無事事なきをえました

(・∀・)v

私は、そこで油断してしまって…彼を直視してしまって…私のアンテナがbingoしてしまったんですね

 

はっ…!Σ(゚Д゚〃)

や…やベェっす❗❗

 

さぁて、わたくし清(sayaの運命や如何に!?(⬅大げさ(笑))

 

続く…( ̄▽ ̄)ゞ

 

ありがとうございました🎵

清(saya)(*^ー^)ノ