さやの吟た音♪

ヴォイスヒーラーな吟詠家 さや(saya)のブログ

詩吟コンクール

先日

久しぶりの着付けのお稽古

上半身もれなく

筋肉痛

 

どうも

清(saya)(*˘︶˘*).。.:*♡です

いつも

ありがとうございます

 

着物

早く一人で

ちょいちょいっと

着られるように

なりたいなぁ(*˘︶˘*).。.:*♡

 

詩吟のね

コンクール

これもね

着物で吟います。

 

そんなコンクールを

さやの挑戦を交えて

お話してみま~す。

 

いくぜぃo(`^´*)

 

f:id:saya38sigin:20170421153643j:plain

コンクールも

色々ありまして

レコード会社各所主催のコンクール

財団主催のコンクール

協会主催のコンクール

 

色々あります

 

詩吟のコンクール

 

私も詩吟を始めた当初から

出場しておりました。

何がなにやら分からず

出ておりました(´・ω・`)モキュ?

 

前もって

着付けの予約を取って

朝早くから着付けてもらう👘

慣れない着物に

会場到着時には

すっかり

ヘトヘト(´xωx`)キュゥ-3

 

会場に入ると

異様な緊張感・・・。

私の苦手な空気感

もう

居心地最悪で

とにかく早くここから出してーっ!!

ってなる(ヾノ・∀・`)ムリムリ

 

だからいつも

避難場所見つけて

ひっそり

出番が来るのを待つ・・・待つ・・・待つ・・・。

 

んで

最前列の審査員の先生方に

ビビりながら

吟う・・・。

 

吟い終わって

そそくさと着物を脱いで

ふぅ~(*´∀`).。o○

 

周りの人たちは

なんつ~か

サラブレット的な方ばかり

お付きの人が居たり

着付ける方もご一緒

 

それ見てるだけで

な~んだろ・・・

場違いじゃね?わたし・・・?

ってなってまう。

 

コンクール

行きたくない

コンクール

出たくない

コンクール

早く帰りたい

どうせ

通らないし・・・( ̄- ̄)

 

始めた当初は知り合いも居ないし

お友達もいない

だから

余計居づらかった

 

元々歌うことは好きだから

詩吟自体は楽しくて

好き

でも

コンクールは嫌

 

それでも

なんだかんだ断り切れず

いつも

出てました、コンクール

 

何年か経って

少しづつ周りが見えてくる

 

色んな見えないルールも

ちょこっと見えてくる

 

髪飾りダメ

前髪ダメ

そういう細かい事から

少しづつ分かり始める

 

予選は洋服OKってなってるけど

うん・・・OKではない(ーωー = ーωー) 

とか

顔が売れてくると

通りやすい

とか

どこぞのサラブレッドだから・・・。

とか

 

色々分かり始めると

 

あ~、アホくさっ!!

やってられるかo(`ω´*)oってな感じ

 

通過人数は決められる

プログラム見て

サラブレッドさんが何人で

お気に入りさん達がいて

なんとなく常連さんがいて

 

えっ・・・あと1枠しかないじゃん・・・

これをこの人数で争うんすかヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ

 

やる気も勝つ気も

ナッシング(`‐ω‐)ь

争う気なんて

ナッシングぅ~(`‐ω‐)ь

 

そして

コンクールを休んだ

 

そしたら

当時の私の師匠が話しかけられたそうな

 

「今日は欠場なんですか?」

と私の事を訪ねてきてくれたそうです。

 

そうですと師匠が答えると

「楽しみにしていたので、残念です。

次また聞けるのを楽しみにしてます。」

そう

言って帰って行ったそうです。

 

これを

私は後日師匠から聞かされ

『またまた~、そんな人居るわけない

信じられなかったんですね、私。

そして

師匠は

「もうお前の吟にファンがついたんだ。もうちょい自覚してやれ。」

そう言ったんです。

 

私の吟にファン??

私の吟をいいと思ってくれてる人がおるぅ~??

うそ~m9(゜д゜)っ ウソツケーィ!!

 

そう思いながらも

これが一つの転機でした。

 

信じられないと思いながらも

前向きに取り組むようになっていました(←単純( ̄▽ ̄))

 

その後

ある程度の所までは通過できるようになりました

 

だけど

最後の山が越えられない

 

コンクールの独特の雰囲気が大っ嫌いなのと

元々争うことが好きくない

あれダメ

これダメ

もーっ、窮屈!!

愛想笑いして

思ってもないお世辞のみの会話

 

あぁーっ

とっとと通過して

ここから

抜けたい!!

 

コンクールから解放されたくて堪らなかった

 

だってね

一年通してずっとコンクールの事考えてなきゃいけない

この予選終わったら

別の予選が始まって

一年うまいこと予定が組まれちゃってるの(´―о―)=з

 

だから

純粋に詩吟を楽しむことがない

 

なんだこれ(´・ω・`)なにこれ・・・ってね

 

古くからあるものって

色んなしがらみ的なものがあったりして

正直・・・結構面倒

 

だから

ホントに楽しくない時期ありました

 

コンクールへの取り組みも

何となく

ある程度まで

通過できるからいいやってな具合に

またしても

ダラダラ状態に(;´д`)トホホ

 

はい

次です

 

お察しの通り

つ・づ・く~ |ω•๑`)ㄘら♡

 

 

さや(saya)へのお問合せ等はこちらから↓↓↓ 

saya38sigin.hatenablog.jp

 

 

誰かの

何かの

少しでも参考になれば

これ幸い(^.^)(-.-)(__)

 

 

では、まったね~🎵

さや(saya)(*˘︶˘*).。.:*♡