さやの吟た音♪

ヴォイスヒーラーな吟詠家 さや(saya)のブログ

◎吟◎春夜洛城に笛を聞く<前半>

どうも

清(saya)(*˘︶˘*).。.:*♡です

 

いつも

ありがとうございます

 

『春夜洛城に笛を聞く』

 
f:id:saya38sigin:20170619113445j:image

洛城   洛陽の町 今の河南洛陽市。唐の時代は東都ともいった。「城」は日本の城とは違い、中国では町の周囲を城壁で囲んであるため、『町』を意味する。

玉笛   美しい笛

暗    ひそかに どこからとなく。

声飛   耳に聞こえてくる

散入春風 笛の音が春風に乗って響きわたる事。

折柳   「折楊柳」という曲名。旅立つ人を見送る別離の曲。

故園情  故郷を思う心。

 

は~い

またまた李白さんの詩でございます。 

 

早速参りましょう~

 

まず

この詩

頭から終わりまで通して注意してほしい事

 

音が沈まないように

 

笛の音が聞こえてきて

笛の音が春風に乗って響きわたり

笛の音の中に別離の曲を聞き

その曲の中に故郷を思う

 

感覚とイメージの中に

この詩そのものが展開しています。

波動・感覚を重視するためにも

 

音が沈まないように

 

ここ注意していきましょう~٩(ˊᗜˋ*)و

 

一行目

誰が家の いきなり鼻濁音注意ザマス

どこの家からかな???

おやおや???

そんな始まりですね(((.. )( ..)))どこどこ?

 

玉笛か 美しい笛が なので~「ぎょく」この響きだけで唸っちゃや~よ(。-∀-) ニヒ

美しい笛の音イメージして、発声してちょ

んでね

玉笛か~の「か~」これをね、軽~くするんです。

軽やかに発声してみてちょ(~^^)~

 

暗に声を 飛ばす どこからとなく、聞こえてくる。

どこからともなく聞こえてくるって~のは、軽~くないと聞こえてきませんよね?

こもった音だったり

重い音だったり

こういった音が響き渡って聞こえてくる事は

少ないと思います。

どこからともなく聞こえてくるのは

軽い音

高い音

そんな音ではないでしょか?

な・の・で

音が沈まないように

です\_(・ω・`)ココ重要

 

二行目

散じて 低音部分です。が笛の音が広がっていく。

そんなイメージなので、重た~くしないでちょ

軽くね、軽く( 'ω' و(و "

 

春風に入って 春風に乗ってってことっス

春の温かい風でっせ彡

あっ

「しゅんぷう」の発音ね

丁寧に発音しないと

「しゅんぷ」って聞こえがち

きちんと

「しゅんぷう」

んで

「いって」これも注意ね。

ちっこい「つ」気を付けましょね。

きちんと

「いって」

 

ね(^_-)-☆

 

f:id:saya38sigin:20170620120432j:plain

洛城に満つ 町に響き渡ってるんですね

これはホントに

イメージ(*˘︶˘*).。.:*♪♪♪が大事。

響きわたる笛の音をイメージしながら吟って下され。

 

そうすれば

音が沈む可能性が減るはず(。•̀ᴗ-)و

 

音が沈まないように

音が外れないように

音が重くならないようにって

意識するのではなく

 

どういう状況だったのか

こんな笛の音かな

春の風か~(*˘︶˘*).。.:*♪♪♪

ってことに

フォーカスを移してみてちょ

 

するとね

自然と軽くてイイ感じになってくると

思われます・・・はい。

 

イメージよ、イメージ(*˘︶˘*).。.:*♪♪♪

 

何度もしつこく言っとりますが

かぶ

感じる

広がる

などなどの

イメージ(*˘︶˘*).。.:*♪♪♪

逆らわずに

素直に表現してみてちょ

 

って~ことで

前半終了っス(。`・ω・)ゞ

 

次回

後半戦

お楽しみに~♪ 

 

 

 

誰かの

何かの

少しでも参考になれば

これ幸い(^.^)(-.-)(__)

 

さや(saya)へのお問合せ等はこちらから↓↓↓ 

saya38sigin.hatenablog.jp

 

 

 

では、まったね~🎵

さや(saya)(*˘︶˘*).。.:*♡