さやの吟た音♪~声も心もキラふわに輝く~

ヴォイスヒーラーな吟詠家 さや(saya)のブログ

◎吟◎春を探る<後半>

大晦日の涼ぬ宴

沖縄タイムスさん

琉球新報さん

掲載してくれたよー(」・∀・)」 ありがとぅー

 

 

どうも

さや(saya)(*˘︶˘*).。.:*♡です

 

 

 沖縄タイムス
f:id:saya38sigin:20180119102011j:image

 

琉球新報
f:id:saya38sigin:20180119102031j:image

 

いつも

ありがとうございます



『春を探る』

 

後半戦

行ってみようo(`^´*)

 

 
f:id:saya38sigin:20180115114258j:image

 

尽日    終日

尋春    春の気配を訪ね歩く

杖黎    あかざの杖

      (あかざ科の一年草。黄緑色の小花が咲き、若葉は食用となり、茎は杖にする。)

踏破    困難な道を歩き通す

試     ためし

梅梢    梅のこずえ

枝頭    枝の先

 

 

三行目

帰来

まず、ここは渡りに注意しましょう

「きらい」これが「きらい」にならないように。

音の高さと勢いに任せて

放り投げる感じにならない様にも注意です

 

試みに 

ここも『帰来』同様の注意点が。

「こころみに」これを「ここみに」にしないように。

やはり音の高さと勢いに任せない様に注意です

 

この部分

不思議と勢いつき過ぎたり

張り上げすぎたり等なる事が多いように感じまする。

 

でもね

 

家に帰って来て 試しに

そんな意味。

 

それがキチンと感じ取れていれば

上記の様な事にはならないと思いますので

レッツ、イメージ(*˘︶˘*).。.:*♪♪♪

 

 

 

梅梢を 把って 看れば

「ばいしょうを」

これは丁寧に発音しましょう。

気を付けないと

「ばいしょを」になりやすいっス。

 

「を」これは置いてくるイメージです。

そっと

ちょこんと置いてくる・・・です。

 

「とって」

これもキチンと小っちゃい「つ」意識してねん

 

庭の梅の梢をとって見てみる。

 

ここまでのイメージの整理をしまっス(`・ω・´)ゞ

 

前半二行で

春の気配を探しに歩き回って

わざわざ探しに出たけれど

見つからなかった。

という事が書かれていました。

 

 

三行目で

家に帰って来て

庭の梅の梢をとって見てみたんですね。

 

あ~ぁ、せっかく探しに行ったのに

何も見つからなかったなぁ・・・。

せっかく出かけたのになぁ・・・。

きっと、そんな事を思いながら

庭の梅の梢を見てみたら・・・Σ(`・ω・屮)屮!!

 

次いきます。

 

四行目

春は 枝頭に在りて

ここは低音部分ですが

唸らないでちょ

何故なら・・・

先ほどの三行目までのイメージがあったら

たぶん

ちょっと、笑っちゃうんじゃないかな?

とか思ったりするんです。

 

なんだよ、ここにあんじゃん

ふふっ、ばっかみたい((●≧艸≦)プププッ的な。

 

なので急に唸ったりすると

違和感満載になりますので

お気をつけ下さい(*- -)(*_ _)ペコリ

 

ですが勿論

お腹でグッと支えて下さいね。

音がフラフラしてしまうと

元も子もないですからねん。

 

巳に 十分

春は十分ここにあるじゃないか。

なので

なんだなんだ、十分ここにあるよ。

そんな風に

わっはっはーヽ(´・∀・`)ノと笑い飛ばす(ちょっと言い過ぎかな。。)

でも、そんな雰囲気で

『すでに』

軽~く声を飛ばしてみましょ

 

『じゅうぶん』

ここにあるよ。ここに。

しかも

十分あるんです。

なので

声は遠くではなく

手元や心の中・目の前

そんな場所を目的地にして出してみて下さい。

 

f:id:saya38sigin:20180116165145j:plain

 

 

この詩は

真理と言うものは、高遠の地に求めなくても

寧ろ身近にある。

即ち

自分の心の中にある。

という意を持った悟りの境地をうたった詩である。

 

と説明には書かれてあります。

 

もちろんそうかもしれません。

でも

違うかもしれない

 

昔のものだからと言って

全部に深い意味を持たせて

わざわざ頭を捻って、

難しく解釈する必要は無い気がしてます。

 

それよりも

イメージして

感じて楽しむ方が私は好き

 

だって

もしかしたらさ

 

『いやいや、そんな深い意味はないよ(笑)』

 

って、作者さんは笑うかもしれない。

 

単純にこういった

灯台下暗しな出来事って

日常に多いですからね。

 

なんだ、なんだよ

目の前じゃん。

ここにあったんかいな( ̄▽ ̄)

みたいなね。。。

 

深く学術的に解釈するもよし

単純に

感じるままに表現するのもよしです。

 

真理みたいに難しい考え方は

いつか

どこかで

何かが腑に落ちた瞬間に

そう分かる。

そう思い出す。

 

それでいいような気がします。

 

さぁ、この詩は

どっちかな(´・∀・`)?

(私も、わからん。。。)

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡ 

♡ヴォイスヒーリングに関する

ご案内・お申込み・お問合せはこちらから 

♡詩吟・吟詠に関する

ご案内・お申込み・お問合せはこちらから 

♡LIVE・お茶会・ワークショップ等に関する

ご案内・お申込み・お問合せはこちらから

  

その他各種お問合せこちらから

その他各種お問合せはこちらへお願い致します。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

お待ちしております。

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

 

誰かの

何かの

少しでも参考になれば

これ幸い(^.^)(-.-)(__)

 

 

では、まったね~🎵

さや(saya)(*˘︶˘*).。.:*♡

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

いつもありがとうございます。

ポチっとして頂けると、嬉しいです。